BLOG

そばと天ぷら

2018/10/02

江戸時代天ぷらは、現在と違いファストフード的な食べ物だったと言われています。天ぷら屋の横に屋台のそば屋があり、そばを注文した人がそばのの上に天ぷらを乗せたところあまりの美味しさに噂が広まったと言われているそうです。

また、ざるそばより天ぷらそばのほうが太りにくいと言われています。

せいろそばよりカロリーの高い天ぷらそばのほうがなぜ太りにくいかというと、胃の中にそばの滞在時間が関係していると言われています。せいろそばはカロリーは低いですが、消化が良く胃にとどまる時間が短いと言われています。

一方天ぷらそばは、カロリーは高いですが、天ぷらの油脂分が胃の中にとどまる時間がかかるために、ゆっくりと消化されると言われています。

要するに満腹感が持続します。満腹感が持続するということは次の食事まで腹持ちが良いということになり、間食なども控えられるともいわれています。

また、天ぷらそばは、せいろそばにないたんぱく質等が摂取でき、野菜天ぷらは食物繊維等も摂取できます。天ぷらそばは栄養のバランスの取れた食べ物と言ってもよいかもしれません。

これから肌寒い時期を迎えます。ぜひ天ぷらとそばを食べてみてはいかがでしょうか。